動画編集3

2009年06月10日

 フォトストーリーとエフェクトで容量を取り捲ったみたいで、エンコードするとかなり画質が落ちる。
色々数値を変えてテストしたが、どうしても陽炎みたいなものができるところがある。
しかも、数値を間違えていたので、やり直し。

 何度も見ているうちに、なんとなくリズムが早くなったり遅くなったりするような気がして気持ちが悪いなと感じた。
原因は絵の切り替わりのテンポが音のテンポとずれているからだった。
とても気になったので、ムービーメーカーの動画編集からもう一度やり直し。
三拍子の頭に大体合わせるようにしたら、曲の1番の最後の方で用意していた絵がなくなった。
もう2,3枚あると良かったんだけど、まあ、いいか。
前より拍子が取りやすくなって気持ち悪さが少し減った。
あと、エフェクトを少し減らしてメモリを減らした。
まだ音と絵が少しずれてるみたいだけど、もう時間がない。

 ムービーファイルを保存。
ニコエンコ(tokaiknight版)のフォルダに入っていたニコニコ動画用のプロファイルを使ったら、綺麗に512×384になった。
今度から、フォトストーリーも800×600じゃなくて、最初から512×384にした方がいいかも。

 ニコエンコでエンコードを再開始。
エコノミー回避でないと、自分がいらつくことになるので、無理してみた。
どうやらエコノミー回避のぎりぎりのラインが、MP4では245760bpsまでらしい。
1024で割るのかと思っていたら、1000で割るらしく、245kbpsまでということに。
エンコードしたら何故か数値が少し増えるので、余裕を見て、241kbpsを目標値に。
前回は64kbpsで音質がちょっと悪いようだったので、音声ビットレートはMP4では高音質となるらしい96kbpsを割り当てた。
80でも私には違いがわからなかったんだけど、ニコ動に上げたら悪くなったというのは避けたいので。
コマンドは「96 b241」。
結果、合計244kbps、映像146kbps、音声97kbps。
かなりぎりぎりだ。
映像のフレームレートは勝手に29.97fpsという数値に。
中途半端な数値だなあ。
実はchangefps24というコマンドで24fpsを試した。
あいにくとフォトストーリー部分で動きがカクカクしてしまった。
他の部分は30fpsと同じくらいでメモリが少なくていいかなと思ったんだけど。

 あと、他のプレーヤーで再生できないエラーが出るので、ニコエンコにもう一度放り込んで、修復を掛けた。
コマンドは「/fix」。
忘れそうなのでメモしておく。

 そういえば、陽炎みたいなものの一箇所は、QuickTimePlayerのせいのようだった。
realplayerで再生したら出なかった。
でも、もう一箇所はエフェクトのかかりすぎで処理が追いつかなかったのか、どうにもならなかった。

 眠くなってきたので、うpは明日の朝にしよう。
さっきからキーを打ち間違えてばかりいる。


posted by 内野ねこ | Comment(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。