録ってみた

2009年10月03日

昨日、ツイッターの話の流れで自分の声を試しに録音してみようかなって言ってしまった。
で、可能な限りの低音(F3付近)で録ってみた。
OREMOを使用。
最初、深夜にやったんだけど、マイクが上手く反応していなくて、音が録れていなかった。
午前中に両親が出かけたので録音再開。
まだ音素の状態だけど、ただのショタ声のような気がしてならない。
なんというか、すごくノイジーな声だ。
起き抜けの声はまずかったか。
大人の女性の低音を目指していたんだけどな。

何故、「う」や「お」にぼーっとした振動音みたいなのが入るんだろう。
喉の震えまで録音したのか?
ノイズ処理に失敗しているのか?
私が二重に音声を出しているのか?
1つの音素での音量が滅茶苦茶なのでAudaで必死に調整。

あと、ガイド音を時々しか聞かなかったので、いつの間にかキーが上がっていってる。
まあ、上の方が安定しているから、綺麗と言えば綺麗なんだけど。

それにしても自分が「ば行」「ぱ行」が上手く発音できていないとは知らなかった。
「ぷ」がどう調整しても「ふ」にしか聞こえない。
「ぶぁ行」「ぷぁ行」も怪しい。
録っている時は頭が働かなかったんだけど、ひょっとして、英語の「V」「P」だったのか?
「るぁ」は「L」? だったら、「るぅ」も必要だよな。
ポップガードをつけているのに、「ふぃ」に吹かれがある。
「ぷぇ」に雑音が混ざってしまっている。
「つぇ」「つぉ」の発音が「つえ」「つお」になってしまってる。
これは録り直しだな。

音源としての配布はどうしよう。
音源飽和しているしなあ。
もし自分でHANASUを作るとしたら、
うp主役として動画で使うことはできるかもしれない。
上手く大人の女性っぽくUTAわせられたら、
色っぽい三十路女性で出してみたい気がしないでもないけど。


posted by 内野ねこ | Comment(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。