原音設定作業とUTAってみた3

2009年10月10日

基準音(C4)の原音設定を手直し。
よーよーさんの原音設定の講座やwikiを見ながら。
収録しなおしたものを混ぜて、
ベタ打ちであいうえおを言わせたら、リズムの崩れがなくなってきた。
ぶぁをヴぁ、vaでも反応させるためにエイリアスを2つ指定できるのかな?
と思ってwikiを調べていたら、むのーさんが少し前に調度いい質問をされてた。
そうか、複製すればいいのか〜。
試しにどのくらい高音が出るかと、
むのーさんのustから「夜の女王のアリア」をUTAわせてみたら、
ベタ打ちではないLOKEさん用のustで結構すんなりUTAっていた。
声質は好みと違うけど。
こんな甲高い声はあまり好きじゃない。
「は」の設定かなり直したんだけど、やっぱり「か」に聞こえるなあ。


低音(F#3)ファイルのノイズ処理が終わったので、原音設定。
前よりは慣れたような気がする。
「ゆ」が何故か恐ろしい音になっていたので、ノイズ処理をしなおした。
今度は大丈夫だった。
元キーのF#3だと綺麗なんだけど、C3までキーを下げると、バックがびりびりする。
なんとか聞けるのはD3までかな。
やはりresamplerは8_52が一番綺麗。無印もまあまあ。
7と8だとやはりキュルキュル音が出てくる。
原音ではわからなかったけど、元の音にも入っていたんだろうなあ。
低音ファイルの癖に、低音耐性がない……orz


まだ残っている作業。

・息の原音設定
kohigashiさんのところで教わったので設定しなくては。

・高音ファイルのノイズ処理と原音設定
大分慣れてきたけど、やっぱり1日仕事だろうなあ。

・shやkやhmを録る。
ためいき風のあいうえおとか。
口笛は吹けないことはないけど、声以上に変な音が混ざるような気がする。
余力があったら考えよう。

UTAはケロログに載せた。
http://www.voiceblog.jp/utautoki/965112.html


タグ:UTAU audacity
posted by 内野ねこ | Comment(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。