<< May2010  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

家族設定(夢だか妄想だか)

2010年05月27日

明け方、夢だか妄想だかよくわからない状態で頭に残っていた設定。
夏姫のというか亡夫である北斗冬騎の家のこと。



他の方は気に入らなければ無視してくださってかまいません。
UTAわせることには関係ないことなので。
二次創作上であると便利かなと思っただけです。
(足かせになるかもしれないけど。)


北斗七生(ほくとななお)
夏姫の義父。
七番目に生まれたため七生。
上に姉が6人いるらしい。

北斗春馬(ほくとはるま)
七生の長男。
北斗家の跡取り。
(何をしている家かはわからない。)

北斗夏美(ほくとなつみ)
七生の長女。
美人。嫁に行った。

北斗秋矢(ほくとあきや)
七生の次男。
(記憶にあるのは、「あきら」だったけど、まずいだろうと思って変えた。)

北斗冬騎(ほくとふゆき)
七生の三男。
夏姫の亡夫。
(少なくとも当時は)夏姫よりも年上で料理人だった。

義父に奥さんがいるのかどうかわからない。(どっちでもいい。)
冬騎の兄弟たちが結婚しているかどうかもわからない。(どうでもいい。)
冬騎は南斗家に婿入りしたのだと思う。
南斗の家の方は女系のため、男兄弟はいないとかで。
夏姫には姉妹ならいるかもしれない。
これで、夏姫が南斗なのも、夏姫に南斗姓の子供がいても、いなくても、
名字の違う親戚が沸いて出ても、不思議じゃない状況になった。
個人的には頭の中が整理されてすっきりした。


posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。