<< Mar2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

修正版作成中2

2010年07月31日

今までのをいじってもズレがひどくなるだけのようなので、
大元のwavからやり直した。
効果的なエフェクトのやり方を忘れたので、戻したくなかったんだけど。
出だしは上手く合わせられないので、前のもので既に上手く合っていた後ろ側にラインを合わせたら、ぴったり収まった。
今までの苦労はなんだったんだ。
リミッターまで入れてMIXはテイク35に。

Audacityでかけたエフェクト

1.イコライザー
dejaさんのリビルドの記事を見てつくった型。
150以下カット、12000以上カット、9000付近ややカット。
2.正規化-6db
3.コンプレッサー(classicのプリセット)
4.正規化-6db
5.Gバーブ
 全体
 40、4、0.9、0.75、0、-22、-28←通常リバーブ強
 40、4、0.9、0.75、0、-25、-33←通常リバーブ弱
 中盤のハナモゲラ語部分
 200、20、0.50、0.75、0、-10、-30←広いホール
 40、4、0.9、0.75、0、-22、-28←通常リバーブ強
6.ゲイン調整(左スライドバー)+2db
7.エンベロープいじって音量調整
8.一旦、wav書き出し
9.リミッター(classicのMasterCDというプリセット)

幸い、機能WMMで作ってあった画像ともぴったりあった。
明日、見ておかしくなかったら、うpしよう。

エンコードはニコエンコの前のバージョンで、
タグは「90 eco changefps10」。
6fpsまで落としたらさすがに口パクが合わなくなったので没に。


posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。