<< Mar2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大ダメージ

2011年02月15日

作曲される方たちは、皆さん、どうやって作られているんだろう。
私の場合は、メロディ先行型で、次に伴奏をつけて、最後に歌詞を考えることが多い。
例外だったのは、エイリアスチェックの歌と、夏姫のデモの前半部分。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11023648
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13116742
これは、あいうえおで全部を入れなくてはいけなかったためで、
歌詞を並べるためにフレーズを繰り返したり削ったりしたくらいで、
メロディーそのものは結構自由に考えている。
夏姫のデモの後半の歌詞は、本当に最後の最後に考えたのだけど、
割とすんなりはまった方だと思う。
いつも歌詞を考えるのに苦戦するので。
歌詞がきっちりあってメロディをつけられるかというと、おそらく無理だと思う。
イメージとしてこんなフレーズが入っているといいなと書き出してみることはある。
でも、文字数が決まらないと何故か詩が作れない不思議。
コード進行からというのも難しい。
コードをちゃんと覚えていないというのもあるけれど、
こんなリズムと楽器の伴奏がいいなあと考えていたら、
勝手に一緒にメロディーがくっついて出てきてしまうので。
まあ、順番はどうでもいい。
作りたい順に作った方が確かだと思うから。
頭に浮かんだメロディーや伴奏を再現するには、
どうしたらいいかっていうのが悩みの種。

○紙にドレミでメモ
・PCをつけなくてもいい。
・頭に浮かんだまますばやく書ける。
・正しい旋律を書きとめているとは限らない。
・リズムは書けないので、忘れると再現できない。

ほとんどの曲はこの方法。
でも、これで今までにかなりの数が没になってる。

○Dominoで思いつくまま
・PCが必要。
・そのまま音になるのでわかりやすい。
・何故か教科書に載っている合唱曲のような曲調になる。
・途中で作業が止まったら、続けられなくなる。

実は今まで完成したことがない。

○鼻歌を録音
・PCが必要。
・人のいない時じゃないと録音できない。
・雰囲気は一番わかりやすい。
・いつでも聞きなおせる。
・節が抜けていることがある。
・自分の声に精神的にダメージをうける。

鼻歌は、ナツナツサンバの時にやっただけなのだけど、
最初に思い浮かべたイメージとの違いが少なかったかなと。(伴奏は別。)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11938330

という感じで、大抵、浮かんだそのままを再現できることは稀。
コーラスラインを考えていたら、メロディーよりもよくなって取り替えることも結構あるし。
で、結局、何が言いたかったかっていうと、
猫の日用(2/22)に、んにゃんの曲を作ろうと思って、
鼻歌を録音しようと適当に「とたた」とか「んにゃにゃ」で歌ったら、
後から聞き直して、「にゃんにゃん」とか言っているところで、
大ダメージ受けたよって話。
あと、なんかサビの部分がハルヒ+ざくろっぽいから変えないと。
さて、間に合うかな?


タグ:音楽
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。