<< Mar2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

倍音

2011年07月11日

数日前にchiryさん(カラスの中の人)が倍音についてつぶやいているのを見て、
こえ部のVQチェッカーを試してみたことを思い出した。
声の高さ、声の大きさ、一音の長さ、かつ舌の良さ、耳への入りやすさ
を数値化するもの。

http://news.koebu.com/2011/05/koesouken_110519.html

何度かやってみたけど、おおむね60前後だった。
確か最高が61か63か、その辺り。
(スクショをとったような気がしたのだけど、見つからない。
マイクが使えるようになったらもう一度やってみる。)
常に高い数値はかつ舌の良さで、
高さ・大きさ・長さは、その時の演技によって違う。
耳への入りやすさは、何度やっても4分の1ほどのところから微動だにしなかった。
通りの悪い声ってことなんだろう。
3000Hz付近が出ていると高い数値になるらしいのだけど、
そのあたりの音があまりないんだろうな。

chiryさんによると、体の中で響かせるようにすれば倍音が出るとのことだったけど、どうすればいいのか良くわからない。
しゃべるのじゃなくて歌えば変わるんだろうか。
(しゃべり声と歌い声がかなり違うので。)
そもそも自分の声に倍音がしっかり出ているのかも良くわからないのでどうしようもないような。

画像はC4〜D4で「あかさなた」って歌うようにして言った時のスペクトラム。
加工処理なし。
3000はともかく2000付近がすごく少ないような気がする。

スペクトラム1.jpg


タグ:雑記
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。