<< Mar2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

唄詠の挙動と対策

2015年05月24日

PC不調→新規アカウント作成→唄詠類移設がやっと落ち着いたので、
忘れないようにメモしておこう。

唄詠が起動しない。
唄詠は起動できたが、音源を登録しようとしても、うまく登録できない。
削除したはずの音源の設定が出てくる。
その割にSofTalk類で唄詠で登録したものが選択肢に現れない。
Win8.1付属のMS HarukaやMS Ziraも表示されない。
といった現象が起きていた。

たぶん、唄詠やSofTalkのソフトのせいではなく、
私がアカウント移行時にソフトの位置を移動したのが主な原因。

◎唄詠が起動しない問題。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\SHINTA の中にある UtaYomi フォルダを削除。
(AppData は隠しファイルなので、ウィンドウの表示→隠しファイルにチェックを入れて表示させてから。)


◎登録の挙動がおかしい件。

SHINTAさんに伺ったら、VisualStoreの関係ではないかとのこと。
変なところに前のアドレスの設定が残っていたため、
唄詠→テキストスピーチ間が正常に動作しなくなっていたらしい。
またなるといけないので対策のメモ。

主にこちらを参考にしている。↓
http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20100001/20101116.html

1.仮想化フォルダ(VirtualStore)用のレジストリを編集する。
 キー :[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
 DWORD値:[EnableVirtualization]=(1:有効、0:無効)
 「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と打ち込んで、キーを地道に探す。
 (検索で引っかからなかったので。)
 右クリックして修正で「0」にする。

2.実行するEXEファイルをマウス右クリックで「プロパティ」を表示し、
  「互換性」の「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする。
 唄詠、SofTalk、棒読みちゃん、それぞれを「管理者として実行する」
 にチェックを入れる。

3.古い削除したはずのデータが出てくることがあるので、唄詠から「登録抹消」で削除する。

4.唄詠の「管理者として実行する」のチェックを外して新規登録。

5.SofTalk、棒読みちゃんの「管理者として実行する」のチェックを外して選択肢を確認。


これでおそらく元通りになったと思う。
レジストリをいじるのが不安なら、1をやらずに、2の「管理者として実行」だけでも動くようになる。
終了後に何かの警告ウィンドウが出るかもしれないけれどスルーで。
(私の場合は、他でも問題が起きそうだったので、レジストリからオフにした。)


タグ:唄詠
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。