<< Mar2017  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

MP3配布に関する雑記

2017年02月06日

今まで動画として投稿してきたUTAUオリジナル曲のMP3とUST(UTAU用の楽譜データ)を配布はじめた。
また、以前から配布していた曲も、今回再MIXやノイズ処理を行って新たに配布し直した。

詳しくはこちら
http://utautoki.seesaa.net/article/446695943.html

以前から、オリジナル曲のMP3とustを配布したいなあと思っていたのだけど、
自分の動画を見直していたら、かなり直さないといけない場所があるのがわかっていたので、
面倒くさいなと思って放置していた。
今回思い切って作業したら結構サクサク進んだ。
データが結構生き残っていて助かった。
途中からではあるけど、歌と曲をばらしてwav保存、歌詞をtxt保存していた過去の自分、ありがとう。

『UTAU節』の再MIXが最難関にして一番最後で、なんだかんだで1週間近くかかってしまった。
何が一番面倒だったかって、合いの手のタイミング調整。
以前、UTAわせたデータをまとめたものはあったのだけど、
それがちょっとずれていて、あっち切ったりこっち貼ったり。

それに私は日頃、3分以上の曲を聴くとだんだんイライラしてくる。
ほとんどの曲で「まだ終わらないのか!」と時間を見ると高確率で何故か「4分10秒」。
『UTAU節』は9分23秒もあって、イライラ通り越してトランス状態になって眠くなる。(何度か寝た。)
『UTAU節』を作った時に「3分以上の曲を作るのはやめよう!」と心に誓ったのを思い出した。

他のはバージョンが0.1ずつ上がるのに、『エイリアスチェックの歌』だけ、1.0ずつ上がる謎。
今までも内容がかなり変わったと思ったから上げていたんだけど、今回はちょっと悩んだ。
初めは利用規約の改定だけでver4.1にするつもりだったのに、
「さあ、全部出来上がったからUPしよう」と思って聞き直したら、
曲のリズムのくずれ具合に絶望してDOMINOのデータから作り直してしまった。
前のPCだと容量不足だったからか、録音時にリズムがおかしくなっていたらしい。
(お使いの方、使いづらかったでしょう。申し訳ありません。)

これでやっと、キャラクターなんとか機のパーツに取り掛かれる。
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々に曲の作業

2017年01月10日

実は「エイリアスチェックの歌」の連続音用のを作ろうとごそごそやっているのだけど、
夏姫の連続音を再録したものを完成させないといけないので面倒くさくなって放置。
曲そのものは数年前からできていたが、最後のフレーズだけ変えたくなって手直し。
DOMINOで作成したmidiを録音する方法がわからなくて(前使っていたのが動かなくなった)、
「MooOボイス録音器」というソフトを導入。
DOMINOで演奏しているところをボイス変換機で録音という手段をとることにした。
先頭と末尾を歌に合わせて後から切らなくてはいけないけれど、
録音自体は奇麗にできた。

以前発表したオリジナル曲のMP3とustもまとめて配布したいのだけど、
audacityの編集ファイルが破損していてDOMINOからかーと思ったら、面倒になってこれも放置。
前どんな風にmixしたのか覚えてない。
それよりもaudacityのエフェクト類のVSTを入れなおさないと、どうリバーブをかけたらいいのかわけがわからない。
Win10になってから、Audacityも新バージョンを入れたのに、調整するのを忘れていた。
プラグイン入れたらaudacityでもPCの音(DOMINOでの演奏)を録音できるのかな?
追記:
前はできたはずなんだけど上手くいかない。
どこかの音量がミュートになっているんじゃないかと思う。
タグ:audacity DIMINO
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラクターなんとか機追加パーツ保管庫の閉鎖

2016年12月10日

保管庫のBBSを見てみたら、久しぶりに管理人の方がいらしていた。
不要な投稿が削除されるなーよかったと思ったのも束の間、閉鎖のお知らせが!

http://nantoka.main.jp/

保管庫BBSのお知らせによると、追加パーツ保管庫を来年中に閉鎖するとのこと。
閉鎖予定日は2017年年明けに明示するらしい。
3月末までは閉鎖はないとのことだけど、
アップロードは閉鎖よりも前に停止になるかも。

また、後継サイトを作りたい方は是非始めてくださいとのこと。
著作権の関係で権利移譲はできないため、
投稿者は後継サイトに自分で投稿という形になるそう。

今後の継続を考えると私も現状厳しいので、どなたか後継サイトをよろしくお願いします。
(私が作るとしたら、無料のwikiとロダと掲示板の集合体になるのは間違いない。)

拙作のパーツ自体はミラーとして自分のロダに保管してあるけど、
他の方のはDLできなくなるパーツが多くなりそうだなあ。
一応、自分のロダももう少し整理して、
汎用のなんとか機パーツと他の配布物(音源やMMDモデルなど)は分けた方がいいだろうか。

追記(2016-12-10 19:30):
『なんとか機汎用パーツ倉庫』を作って分けてみた。
http://ux.getuploader.com/nantokaki/

追記(2017-01-25):
『キャラクターなんとか機追加パーツ保管庫』の閉鎖予定日が発表された。
1.アップロード可能期間:2017-02-28
2.保管庫閉鎖予定日  :2017-04-13
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫忍者んにゃん

2016年02月22日

夕方のニュースで、今日(2/22)は猫の日ですと言っているのを聞いて、
やっと「んにゃん」の配布記念日だったことを思い出した。
去年、忍者の日が2/22に設定されたそうで、
ぼんやり頭に浮かんだものをイラストにしてみた。
pixivへの投稿はぎりぎり2/22に間に合って一安心。
んにゃん配布記念日おめでとう。



ニコニコ静画にも投稿してみた。
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im5596278
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M2の27

2015年06月11日

時音タク君、誕生日おめでとう。
UTAU音源リスト用の新音源チェックと更新の作業が終わったら、
MMDモデルの続きに取り掛かろうと思ったのだけど、
リアルが忙しくなって、UTAU音源リストの作業が、
思いのほか進まなかった。
(というか、ボカロとCeVIO調べ以外は全く手を付けていない。)
取り急ぎ、リフさんのモデルを作っていた時に素体として気になった点を数か所直してみた。
顎がないような気がしたのと、目が縦長すぎるのと、
頭のボリュームがありすぎたのが気になっていたので。
まだ直し予定の半分くらいだけど、顔がちょっと引き締まった気がする。
色は適当に調整したので、後々変わる予定。
水着のタクの左のタクは、以前PMCA(モブ子さん用)で遊んで作ったタク。
ソラやデフォ助にも水着(?)モデルがあったので並べても浮かない。
(たぶん)

スクリーンショット (1)-2.png
タグ:MMD 時音タク
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唄詠の挙動と対策

2015年05月24日

PC不調→新規アカウント作成→唄詠類移設がやっと落ち着いたので、
忘れないようにメモしておこう。

唄詠が起動しない。
唄詠は起動できたが、音源を登録しようとしても、うまく登録できない。
削除したはずの音源の設定が出てくる。
その割にSofTalk類で唄詠で登録したものが選択肢に現れない。
Win8.1付属のMS HarukaやMS Ziraも表示されない。
といった現象が起きていた。

たぶん、唄詠やSofTalkのソフトのせいではなく、
私がアカウント移行時にソフトの位置を移動したのが主な原因。

◎唄詠が起動しない問題。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\SHINTA の中にある UtaYomi フォルダを削除。
(AppData は隠しファイルなので、ウィンドウの表示→隠しファイルにチェックを入れて表示させてから。)


◎登録の挙動がおかしい件。

SHINTAさんに伺ったら、VisualStoreの関係ではないかとのこと。
変なところに前のアドレスの設定が残っていたため、
唄詠→テキストスピーチ間が正常に動作しなくなっていたらしい。
またなるといけないので対策のメモ。

主にこちらを参考にしている。↓
http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20100001/20101116.html

1.仮想化フォルダ(VirtualStore)用のレジストリを編集する。
 キー :[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
 DWORD値:[EnableVirtualization]=(1:有効、0:無効)
 「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と打ち込んで、キーを地道に探す。
 (検索で引っかからなかったので。)
 右クリックして修正で「0」にする。

2.実行するEXEファイルをマウス右クリックで「プロパティ」を表示し、
  「互換性」の「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする。
 唄詠、SofTalk、棒読みちゃん、それぞれを「管理者として実行する」
 にチェックを入れる。

3.古い削除したはずのデータが出てくることがあるので、唄詠から「登録抹消」で削除する。

4.唄詠の「管理者として実行する」のチェックを外して新規登録。

5.SofTalk、棒読みちゃんの「管理者として実行する」のチェックを外して選択肢を確認。


これでおそらく元通りになったと思う。
レジストリをいじるのが不安なら、1をやらずに、2の「管理者として実行」だけでも動くようになる。
終了後に何かの警告ウィンドウが出るかもしれないけれどスルーで。
(私の場合は、他でも問題が起きそうだったので、レジストリからオフにした。)
タグ:唄詠
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唄詠さんの話

2015年05月10日

説明動画で唄詠さん大活躍。
ただ、SofTalkのアクセントが難しくて、思ったよりも時間を取られた。
さんざん直したのに、やはり微妙なイントネーションになってるし。

唄詠さん、連続音でも単独音でも、もう少し深く結合できるといいなあ。
リフさんは単独音しかないので、かなりぶつ切れてしまうのだけど、
今回のは、ほんの少しだけリバーブかけてぶつ切れを減らしている。

普段、私が連続音でUTAわせる時は、
連続音一括設定プラグインの設定を先行発声75%、
オーバーラップ75%にするとつながりがなめらかになる
(連続音特有のぬめっとしたところが減る)ので、
その位にできないかなと。
今後の予定にもっと滑らかにすると書かれていたので期待。

後、連続音優先と単独音優先が選べたら、
夏姫の連続音内の単独音が使えるんじゃないかとふと。
同じoto.iniの中で、エイリアスで設定してあるだけなので、
問答無用で連続音になってしまう。

もう1つ追加。
唄詠の仕様なのか、SofTalkの仕様なのかがよくわからないが、
エースやブローチなど、一部の「ー」がかなり短く発音される。
ボーイやコートは、多少短いけど大丈夫かなってレベルだったけど、
エースとブローチはあまりに短いので、
エーース、ブローーチと書いて読み上げさせた。
これだと長くなりすぎてしまうけど、短いのよりは違和感がない。
エエスやブロオチの方が長さ的にはちょうどよかったが、
ぶつ切れるのと発音が変わるのとでどちらにしようか迷った。


夏姫とんにゃんの動画には、今日「唄詠使用支援中」タグをつけてみた。
規約は二次創作について(テキスト)が今の所わかりやすいかな。
後で唄詠用にちゃんとページを作って、使い方も書いてみよう。

リフさんにも「唄詠使用支援中」タグをつけたいのだけど、
一応、スレや中の人に聞いてみないといけない。
(規約的には他のソフトを使っても問題ない。)
OKだったら、使い方と設定用の数値を、
書いておいた方がよさそう。
原音が「B3」で女の子としては結構低めなので、
プリセットで「女声-子供」を選ぶと全く合わなかった。

夏姫も同様で原音はG3と低い。
高音もあるけど裏声で話されるのは勘弁願いたい。

甲高い声で話されると頭が痛くなるので、
今はかなり低めに設定して、高低差も少なくしてある。
もう少し、数値を練って研究しようかな。
タグ:唄詠
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千歳リフMMDモデル制作中7

2015年04月14日

rifu13-1.jpg

上の画像、じっと見ていると立体視できる。特に左の2人。

◎スラックス
スラックス衣装は案外あっさり作ることができた。
物理を気にせずに激しいアクションができるので、
結構気に入った。
水着で踊らせようとしていたところをスラックスで躍らせることにする。
一番最初に水着を作ったのに、出番がなくなってしまった。

◎アクセサリ
羽はモデルと同じモーション読み込みか、
アクセサリとして外部親に登録することで動かせる。
上の右端はモブ式リフさんっぽい子につけてみたもの。

カンテラやヘッドセットのアクセサリも作成。
カンテラは手に持たせることができる位置に。
モデルには組み込まない。
今からだと面倒なので。

靴類もアクセサリにしたら玄関やベッド脇などにおけるかもしれないと、
アクセサリ化してみた。
動かすことは想定していない。

剛体付床板は色をもっと濃くしたり、AL対応にしてみた。
ステージとして使えそう。

◎足
肝心の本体の足の曲がり方がどうにも気に入らない。
何故、しゃがむ時によそ様の子たちのように腿が床に平衡ではなくて、
立膝になってしまうのか。
ひざから上とひざから下の長さは同じくらいでないといけないらしい。
ボーンの位置をずらしてウェイトを塗り替えたりはしていたのだけど、
ひざの位置が高すぎて、小手先ではごまかせないほどだったらしい。
全モデルひざの位置を下げた。
前よりももっさりしたような気がするけど、
足の曲り具合とひざ下の長さの妥協点を見つけることに成功。

◎モーション
今はモーションの修正の途中。
お借りしたのは、らぶ式さんでつくられたモーションなのだけど、
リフさんはらぶ式さんに比べて、若干、肩幅があって腕が長いらしく、
全体に腕の回転を左腕y6、右腕y-6にしたら、
手の交叉シーンではそこそこ合うようになった。
まだ袖が邪魔なので少しずらさないといけないけど。
後、足のつま先が浮いている状態が多いので、
こちらも気になるところのzの回転を±5。
たまにyになったりxになったりで、一括にはできそうにない。
回転軸の基準がよくわからない。
一通り直したので、モーションを保存したら、
全ての親の位置をx10で始めたのに、どんどん中心に近づいて行って、
最後には真ん中に移動してしまった。
どうやら、途中でセンターの位置を修正した時に、
すべての親ボーン(とグルーブと腰)まで登録してしまっていたらしい。
まだ少し気になるところがあるので、少しずつ直していこう。
続きを読む
タグ:MMD 千歳リフ
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千歳リフMMDモデル制作中6

2015年03月26日

3体のモデルがやっとまともに動いてくれるようになった。
物理演算との格闘、デレてくれるまで長かった。
モーフを追加して表情も豊かになってきた。

rifu12-2.jpg

◎モーフ
もっともやりたくなかったモーフは口。
その次が目。
綺麗なモデルに比べると頂点が少ないようで、
アップで見るとカクカクしている気がする。
水着を色替えできるようにしたり、羽リボンを消したり、
靴や袖を消したり、AL対応にしたりは楽しかった。
エルフ耳モーフもつけてみた。
エルフというよりは羽があるから妖精かな。



rifu12-1.jpg

◎足
足はまっすぐに作ったはずなのに、
動くとO脚になっているのが気になって、(上のスクショ)
初期位置で内股になるように膝を曲げてしまった。
動くとまっすぐな足になる。
その辺りをいじっている時に、
折角入れていたつま先立ち用のボーンを外してしまった。
上手く使いこなせなかったので。

rifu12-3.jpg

◎スカート
かがみこむモーションだとどうしても腿がスカートを貫通してしまう。
(上のスクショくらいの座り方では破綻しない。)
物理演算や剛体でどうにかならないかといじりまくった結果、
ボーンの位置的にどうにもならないことがわかった。
各モデルで1週間くらいずつ悩んでいた。
結局、「スカート前」というボーンと剛体を、
下半身ボーンを複製して作って、
スカートの前の何列かはそこに接続しさせて、
破綻した時には移動させてごまかすという形に落ち着いた。
使い方がわかるような説明動画を作らないと
誰も使ってくれないかもしれない。
動画を撮るのにアマレココなどが必要かな。

◎剛体付床板
かがみこむモーション時には、スカートだけではなく、
羽も地面に入ってしまうため、
羽やスカートや髪を床に衝突させるように床板のモデルを作ってみた。
サイズは大中小3つで無駄に色が何色も変わる。(上のスクショの板状の3枚がそれ。)
別のステージを使う時は非表示にして使う。
そんなわけで何色でもよかったのだけど、
どうせならと色替えモーフをつけてみた。
これでステージ組むのも面白いかなと。

◎英語表記
ここに来て一番最初に作った水着の段階で、
英語表記を設定していればよかったと後悔。
英語を書いていくのが面倒くさいなと思っていたら、
ちゃんと一括変換のシステムがついていた。
デフォルトの辞書だとリストの半分も埋まらないけれど、
PMEXフォルダの_dataフォルダの中に和英変換.txtというものがあって、
それを編集すれば変換したい単語を追加できる。
最初の登録は面倒だけど一旦全部登録したら、
残りの2体も簡単に変換できるようになった。
今後のモデル作成でも使えそう。
説明文に「千歳リフを愛づる会」をどう訳したらいいのか悩んで、
足音Pに相談してしまった。
(どうもありがとうございました。)
その結果、"Committee to Admire CHITOSE Rifu"に。
略はCACR。

◎残り作業
・妖精の羽
 腰についている羽リボンのもう少し大きなものを背中につけたい。
 他の方の配布モデルを参考にしてボーン名や構造を作らないと。
 ball roomを見た感じでは、ぴったりくるような構造の羽はなさそうだった。
 「妖精の羽」というのはあったけれど、蝶型で、Xファイルのアクセサリだった。
 リフさんの羽はトンボのような細いタイプ(オリーブの葉型)。
 動作確認テストにお借りできるようなモーションはあるだろうか。
 ななみ式テトさん用の悪魔風の羽とそれ用のポッピッポーモーションは一応持ってる。
 スタンザ君の天使の羽とモーションも先ほど入手。

・個人的妄想。
 リフさんは体重が軽い(ニュートリノ並み。公式)ので羽がなくても飛べる。
 でも、風に弱いので普段は腰の羽リボンでバランスをとっている。
 言うなれば、凧の足のようなもの。
 服の上から取り付けできるようになっている。
 背中の羽はリフさん自らの体から生えてくるもので、
 種族的特徴か魔法みたいなもの。
 出し入れは可能。
 この羽でより速く自由に飛ぶことができる。
 でも普段は疲れてしまうので出さない。
 たぶん体が弱い、というかあまり丈夫じゃない。

・カンテラ
 ヘッドセットを改造して、手持ち用のカンテラにしたい。
 リフさんのヘッドセットは元々カンテラがモチーフなので。
 AL対応にしたいので、やはりPMX化するしかないかな。

・スラックス
 スラックス衣装も作りたいかななんて、今頃。
 ただ、ブラウスを今から作るのがちょっと面倒。
 なんとか機で作った通りに作ると、裾飾りが細かすぎる。
 (デザインも微妙かも。)
 スカートの裾を縮小して素材を変えれば大丈夫だろうか。
タグ:MMD 千歳リフ
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千歳リフMMDモデル制作中5

2015年03月01日

先日のPMXEメモが4のようなものだったので、後で名前を直しておこう。


◎髪
 当初は髪の束一本ずつにボーンと剛体を作るのが面倒だったので、
 ある程度ブロックごとにまとめようかなと思っていたのだけど、
 滑らかにするためには思った以上にボーンや剛体を入れることになった。
 髪に厚みを持たせようと表裏合わせて4列ほどあったために、
 ボーンを2列にしないといけなくて、
 今からだとちょっと直せそうにないくらい複雑なことに。
 もうちょっと考えて表裏を作るんだった。
 地肌が透けないようにわざとずらしてあったため、
 ウェイト塗りが大変だった。
 暴れすぎないようにジョイントの数値も試行錯誤。

◎スカート
 自動曲面プラグインを使って、ボーンとジョイントを入れた。
 物理演算がいい感じにならなくて、何度もウェイトを塗り直したり、
 ジョイントの数値を変えたり、剛体のサイズを変更したり。
 思いっきりしゃがみこむ場合はさすがに破綻してしまうけど、
 まあ、マシになったんじゃないかな。
 少なくとも踊る前から常にちらちら動く状態は回避できた。

◎準標準ボーン
 プラグインで全て追加してみた。
 足先EXや足IK親やグルーブや腰ボーンが欲しかったので。
 腕捩じりは元々お借りしたボーンにあったのだけど、
 肩が上手く設定できなくてイラッと来て削除してしまっていた。
 足Dを持っているモデルは少なさそうなので、
 入れなくてもよかったのかな?
 お借りしているモーションにはほとんど使われていないようで、
 上手く動くかのチェックがあまりできない。
 ついでにつま先立ち用のボーンも入れてみた。
 リフさんの飛行時にあるときれいな気がしたので。

◎肩ボーン
 肩が綺麗に上がらなくて、数日、ああでもないこうでもないとやっていた。
 物理演算でもないのに一番まずい動きをしていたので、
 何が間違っているのかとあれこれ調べてしまった。
 肩ボーンの上がり方が凸凹。
 それをなだらかに直すと腕ボーンを動かしたときに変なへこみが。
 準標準ボーンで入れた肩P(肩キャンセル)ボーンがいびつな形に。
 肩に服があれば、多少いびつでもごまかせるかもしれないんだけど、
 素肌だとそうもいかず。
 原因は肩Cというボーンが、本来あるべき腕ボーンの位置から、
 肩ボーンの位置付近に来ていたため。
 複数選択して位置指定の数値を打っていた時に、やってしまったのかもしれない。
 なかなか原因がわからず、肩ボーンの位置や、
 ウェイトでどうにかならないかと、いじりまわしてしまった。
 カイ式デフォ子さんを参考に肩のウェイトや肩ボーンをいじった時に、
 やっと肩Cの位置がおかしいことに気が付いた。
 肩Pの位置は本来肩ボーンと一緒なのだけど、
 モーション確認時に選択しやすいようにわざと少しずらしてある。
 先ほど、やっと正常に動いてくれるようになって一安心したところ。

◎床の剛体
 リフさんがしゃがむ時に羽リボンが床にめり込むので、
 剛体付地面のモデルをおまけとして入れた方がいいかもしれない。

◎握りと拡散
 ura式のユフさんを見たら、
 手の握りと拡散というボーンがあったのだけど、
 あった方がいいものなのかな。
 ねんどろ風の時音タクを作った時には確かそういうのがあった気がする。
 そして上手く握りができなくて泣きたくなりつつ作業した記憶が;
 (モデルの手のワイヤーが少なくて、敷居が高すぎるので見送る。)

rifu11-1.png

rifu11-2.png

rifu11-3.png
タグ:千歳リフ MMD
posted by 内野ねこ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る